日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

極洋・17年春の新商品 洋食の魚など41品発売 女性・若年層に照準

水産加工 ニュース 2017.02.17 11487号 04面

「さけの塩焼き」(左)、「さば味噌煮ゆず風味」
「さけの塩焼き」(左)、「さば味噌煮ゆず風味」

「魚屋(ととや)の洋食 海老のレモンクリーミーフライ(瀬戸内産レモン使用)」
「魚屋(ととや)の洋食 海老のレモンクリーミーフライ(瀬戸内産レモン使用)」

 極洋は17年春の新商品として、市販用商品15品・業務用商品26品の計41品を2~3月(一部除く)にかけて発売する。開発コンセプトは「魚のおいしさ再発見!」。魚に強い総合食品会社として「魚の極洋」を打ち出す中、サブコンセプトとして(1)魚は和食だけではありません(洋食としての魚)(2)素材の良さを引き出す技、旨さに自信あり(3)魚にプラス、美味しさUP--の3点を掲げた。

 同社は水産商事が売上げの6割超を占めるが、食品事業の構成比を水産と同水準まで高める事業バランスの転換を進・・・
[全文は電子版会員登録を]