日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

マリン・エコラベル・ジャパン協議会・垣添直也会長 水産業エコラベル認証制度、国際標準目指す

水産加工 インタビュー 2017.06.02 11534号 01面


マリン・エコラベル・ジャパンのロゴマーク
マリン・エコラベル・ジャパンのロゴマーク

 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(東京2020大会)を視野に、農水畜産品の国際的な規格・認証制度構築に向けた議論が活発化している。水産物では昨年12月、「マリン・エコラベル・ジャパン協議会」(MEL-J)がそれまでの任意団体から一般社団法人として生まれ変わった。会長には元日本水産社長の垣添直也氏が就任。設立からほぼ半年、MEL-Jの活動状況や目指す方向性などを聞いた。(本宮康博)

 ●“コト”追う産業に変革

 世界の水産業は1980年代までの乱獲期を経て、90年・・・
[全文は電子版会員登録を]