日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

工場訪問:マルハニチロ北日本・森工場 瓶詰フレーク一手に担う

水産加工 統計・分析 2017.07.07 11554号 02面

齊藤秀雄工場長(左)と天野秀隆部長
齊藤秀雄工場長(左)と天野秀隆部長


 マルハニチロ100%子会社、マルハニチロ北日本の森工場(齊藤秀雄工場長)は、同社の5生産拠点の中で瓶詰フレーク商品の生産を一手に担う。6月末、缶詰記者会が同工場を見学し、品質管理体制などを取材した。(本宮康博)

 ●開発提案強化図る 今期6000ケース増産へ

 森工場生産品の中でもサケフレークが中核カテゴリーで、「さけフレーク52g」(2個シュリンク含む)は主力商品。齊藤工場長は「強みとする原料調達力を生かす中で、今後は本社に4月新設した商品開発部と、森工場の商品開発課とが連携・・・
[全文は電子版会員登録を]