日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

極洋80周年 今井賢司社長語る 食品事業の拡大加速 水産商事と利益均衡も

水産加工 インタビュー 2017.09.08 11587号 01面


 極洋は9日、創立80周年を迎える。1937年に極洋捕鯨としてスタートし、時代の変遷を経て漁ろう中心から現在は水産商事と食品事業を2本柱とする総合食品会社へと発展してきた。今井賢司社長は80年の節目を「次へ続く歴史の通過点」と表現。今後、2大事業の利益を均衡させるため、食品事業の強化が最大課題という。次期中期計画の大枠など、次の通り語った。(本宮康博)

 今期は創立80周年を迎えると同時に、現中期経営計画の最終年度でもある。当初目標とした売上高2600億円、営業利益50億円を常・・・
[全文は電子版会員登録を]