日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

テーブルマークHD、第3四半期はステープル一部不振

冷凍・チルド 決算 2017.11.10 11616号 03面

 日本たばこ産業グループで加工食品事業を担うテーブルマークホールディングスの1~9月(第3四半期)連結業績(IFRSベース)は、売上高が前年同期比2.3%減1173億円、調整後営業利益は20.4%減30億円。

 注力分野のステープル商品群は、パックご飯・冷凍うどんが売上げ伸長したが、冷凍麺(そば・ラーメン)・冷凍米飯・冷凍パンは販売不振。それ以外では冷凍お好み焼き・たこ焼きは伸びたが、冷食の弁当向けや常温麺・業務用惣菜が不振だった。

 分野別売上高は、冷食・常温が3.1%減921・・・
[全文は電子版会員登録を]