日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

マルハニチロ18年春季商品 66品、65億円目標 定番メニュー品揃え

冷凍・チルド ニュース 2018.01.22 11648号 03面

伊藤滋社長
伊藤滋社長


 マルハニチロは1~3月にかけて春季新商品66品を発売し、年間売上げ64億9000万円を目指す。内訳は家庭用冷食13品、家庭用加工食品(缶詰・レトルト、すり身製品、デザート)21品、業務用食品(介護食含む)32品。

 伊藤滋社長は発表の席で「商品開発の根底にあるコンセプト『生涯健康計画』を踏まえ、ライフステージや食シーンに配慮した商品を取り揃えた」と力を込めた。新中期経営計画が来期スタートするが、厳しい事業環境に言及した上で「企業として生産性を高めて筋肉質な体質とし、イノベーシ・・・
[全文は電子版会員登録を]