日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

味の素冷凍食品、三重県の農作業研修「FFAファーム」としてコメ作りに取り組む

冷凍・チルド ニュース 2018.04.20 11691号 02面

協定を結んだ(右から)鈴木英敬三重県知事、吉峯英虎社長、曽根原久司えがおつなげて代表理事
協定を結んだ(右から)鈴木英敬三重県知事、吉峯英虎社長、曽根原久司えがおつなげて代表理事

 味の素冷凍食品は17日、三重県とNPO法人えがおつなげての3者間で、同県の農山漁村資源を活用した企業研修に関する協定を締結した。同県多気町に6aの農地を確保し、従業員の農作業研修「FFAファーム」としてコメ作りに取り組む。研修で得た学びを冷凍食品の研究開発・製造・販売に生かし、冷食の新たな価値を創造することを目指す。

 味の素グループでは、地域・社会と共有する価値の創造を通じて経済価値を生み、グループの成長へつなげる取組み(Ajinomoto Group Shared Val・・・
[全文は電子版会員登録を]