日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

テーブルマーク、冷凍うどんで大型販促

冷凍・チルド キャンペーン 2018.05.16 11700号 04面


 冷食大手のテーブルマークは10日、主力の冷凍うどんで夏場に向けた集中的な大型販促をスタートした。人気俳優の松山ケンイチを起用したTVCM(写真)と売場連動の消費者キャンペーンを軸に、デジタル広告やネット動画配信によるレシピ提案など、多角的なPR活動によって売上げ2桁増を目指す。「今夏を“冷凍うどんの夏”にしたい」と根岸新一マーケティング担当部長。年間5億食を売上げるシェアトップメーカーとして、夏場の需要喚起をバネに高い市場成長を目指す。

 約5年ぶりとなるTVCMは12日から・・・
[全文は電子版会員登録を]