日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

ヤヨイサンフーズ、気仙沼工場で協定 水産加工の一大拠点に

冷凍・チルド ニュース 2018.06.18 11717号 02面

締結式を終えた伊藤滋社長、村井嘉浩県知事、黒本聡社長、菅原茂市長(写真左から)
締結式を終えた伊藤滋社長、村井嘉浩県知事、黒本聡社長、菅原茂市長(写真左から)

 マルハニチロとグループ業務用冷食メーカー、ヤヨイサンフーズは12日、宮城県庁で県および気仙沼市と新工場「気仙沼工場」建設に関する協定を締結した。旧ヤヨイ食品が基幹拠点の気仙沼工場を構え、東日本大震災によって閉鎖を余儀なくされた地に、最新鋭の同名工場が復活する。新工場用地は震災後、新たに造成された赤岩港水産加工団地内で、高台に位置する。締結式後、黒本聡ヤヨイサンフーズ社長は「将来的には増設も行い、水産加工の一大拠点にしていきたい」と力をこめた。20年11月の稼働を予定する。

 ・・・
[全文は電子版会員登録を]