日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

明治・18年秋冬冷食 食事として新規訴求 グラタン・ドリア新2品

冷凍・チルド ニュース 2018.08.10 11744号 03面

河原恒部長
河原恒部長


 明治は冷凍食品の今秋冬商品として、新3品・リニューアル3品を8月下旬から順次、発売する。得意とするグラタン・ドリア類に、食事としての完成度を追求した高付加価値タイプの新2品を品揃え。個食市場に新たな切り口でチャレンジする。

 加工食品営業本部の河原恒・調理食品営業部長は発表の場で、「明治への合併以来、調理食品事業は商品絞り込みを進め、チルド・ドライ品は回復基調へ転じている。商品拡大の方向へ新たな一歩を踏み出すところだ。冷食は専用ラインが多く商品整理を終えていないが、来春に向け・・・
[全文は電子版会員登録を]