日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

日本水産、鳥取県で森林保全活動 水源地かん養へ

水産加工 ニュース 2018.11.07 11792号 05面


 日本水産(ニッスイ)は養殖事業に深い関わりを持つ水源地のかん養を目的に、鳥取県で森林保全活動に着手する。10月30日、鳥取県および同県琴浦町と森林保全・管理協定を締結。これに基づき、大山隠岐国立公園内の船上山の森林(同県東伯郡琴浦町)に「おさかなをはぐくむ湧水と海を守る森」(=写真、5.85ha)を設け、エリア内の植栽や下草刈りなどの保全活動を行う。東京ドーム約1.2個分の広葉樹林で、一部樹木の枯死もあり森林整備が必要な状態という。

 鳥取県では、ニッスイグループ企業の共和水・・・
[全文は電子版会員登録を]