日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

極洋19年春新商品 3つの価値、多彩に具現化 年間目標は60億円

水産加工 ニュース 2019.03.20 11851号 04面

井上誠社長
井上誠社長


 極洋は19年春の新商品として、市販用商品23品・業務用商品38品の計61品を3月から発売した。年間販売目標は市販用34億円、業務用26億円の計60億円。開発のメーンコンセプトは「変化する食のマーケットに、わたしたちができること」。サブコンセプトとして(1)健康価値(2)時間価値(3)美味しさ価値--の三つの価値を掲げ、多彩な商品に具現化した。

 井上誠社長は発表の場で「原料価格の高騰や物流費上昇、人手不足など課題も多いが、最新設備による省人・省力化で生産機能を増強し、焼・煮魚・・・
[全文は電子版会員登録を]