日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

全国かまぼこ連合会、全国品評・展示試食会を開催 下村会長「地域色、評価に反映を」

水産加工 セミナー・催し物 2019.03.22 11852号 04面

下村全宏会長
下村全宏会長

多くの来場者で活況を呈した品評・展示会
多くの来場者で活況を呈した品評・展示会

 全国かまぼこ連合会(下村全宏会長)は8日、第71回全国蒲鉾品評会の開催に合わせた展示試食会を、東京海洋大学品川キャンパス内で開いた。全国各地の約200社から出品された約820品目の多彩な水産練り製品を一堂に集め、試食を交えて展示した。メーカー関係者はじめ量販店バイヤーや水産市場の仲買人など流通・卸業者、外食業の調理担当者など700人以上が来場して盛況だった。

 昨年6月に就任した下村会長は当日の会見で「今回の出展品を見ると昔ながらのスタンダードなものが多い印象。これまで見られ・・・
[全文は電子版会員登録を]