日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

カゴメ、宮崎県と包括連携協定 地域活性化目指す

飲料 ニュース 2017.09.01 11583号 03面

寺田直行社長(右)と河野俊嗣 宮崎県知事
寺田直行社長(右)と河野俊嗣 宮崎県知事

 【九州】カゴメは宮崎県と両者の資源を有効活用した協働活動を推進し、県民の健康増進や地域活性化、県民サービスの向上を図ることを目的に8月23日、包括連携協定を締結した。

 産官学連携による「ベジ活・減塩メニュー」の開発や学校でのトマト苗の栽培や乳酸菌飲料を活用した食育活動を行っていく。さらに宮崎県産の果物を使用した果汁飲料の開発、販売や商品パッケージを活用し、観光PRにも参画したいとしている。

 すでに県産果物として「日向夏みかん」の果汁飲料の開発、販売を検討しており、宮崎ブラン・・・
[全文は電子版会員登録を]