日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

ヤマエ久野、TATSUMIを子会社に 首都圏業務向け強化

卸・商社 ニュース 2018.02.07 11658号 01面

 【九州】ヤマエ久野は1日付でTATSUMI(タツミ)の発行株式の51.1%を取得し、子会社化した。TATSUMIは本社を東京都大田区昭和島に置く業務用食材卸で、首都圏エリアを中心に約8500軒のレストランを得意先に持つ。

 経営理念は「レストランの皆さまに対する食材およびワインなどの供給を通じ、日本における洋食文化発展に資する」として、レストラン専門卸業として1969年5月に設立。直近、17年4月期の売上高は120億4500万円。そのうち酒類売上げは約3割。

 ヤマエ久野は昨年・・・
[全文は電子版会員登録を]