日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

わが人生航路:帝国ホテルキッチン・加藤直二社長<上> ハイパーインフレ、異文化との戦い

冷凍・チルド インタビュー 2017.09.06 11585号 02面


エビ船と桟橋の向こうはアマゾナス食品工業のエビ加工場(1980年代)(上)現在のアマゾナス食品工業のエビ加工場とその奥にエビ船を臨む
エビ船と桟橋の向こうはアマゾナス食品工業のエビ加工場(1980年代)(上)現在のアマゾナス食品工業のエビ加工場とその奥にエビ船を臨む

 ●ブラジル赴任が転機に

 1980年に当時の日本冷蔵(現ニチレイ)に入社し、最初に配属になった中部経理室で冷蔵倉庫業、加工食品業、畜産業の経理担当として5年が過ぎたころ、かねて希望していた海外勤務の話が持ち上がった。英語圏への期待が外れてブラジル勤務とのことだった。1回目の赴任は4年間、2回目は6年間、通算10年のブラジル勤務となったが、この経験は私の人生において大きな転機となった。

 1985年2月、真冬の日本を出発し、ニューヨーク、サンパウロ経由でブラジルの目的地ベレンに向・・・
[全文は電子版会員登録を]