日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

経産省・厚労省17年度予算案 世界へ売込む環境整備 国内産業の体質強化も

その他 ニュース 2017.01.09 11465号 01面


 環太平洋経済連携協定(TPP)や日・EU経済連携協定(EPA)の先行きの不透明感は増すばかりだが、日本の食品産業は国際化する市場での競争を余儀なくされる。農林水産省は農林水産物・食品の海外展開を予算化し、中小企業を所管する経済産業省、食品衛生を所管する厚生労働省も国際化への対応、国内産業の体質強化を政府が昨年12月22日にまとめた2017年度予算案へ盛り込んだ。

 (伊藤哲朗)

 経産省は国際化への対応として、輸出など海外展開できるように国内産業の体質強化を狙う。

 人口減少で国・・・
[全文は電子版会員登録を]