日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

JAS法改正案、国会に提出へ 安全性、品質で多様化する規格

その他 ニュース 2017.02.22 11489号 02面


 自民党の農林・食料戦略調査会・農林部会合同会議は17日、農林水産省が示したJAS法改正案を了承した。日本産品が海外の市場で競争優位に立つためにJAS規格をコーデックス委員会や国際標準化機構(ISO)の規格・基準に対応できるようにした。HACCP、日本発の食品安全マネジメントシステム(JFS)が認証開始、適性農業規範(GAP)など安全性、品質の国際的な規格・基準が多様化し、事業者に分かりにくくなってきた。

 自民党の合同会議は本来、16日にJAS法改正案を了承する予定だったが、・・・
[全文は電子版会員登録を]