日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

原料原産地表示制度 異論、懸念出るも固執 消費者委員会

その他 ニュース 2017.04.03 11506号 01面

 消費者庁は3月29日、消費者委員会・食品表示部会の会合で、すべての食品を対象にする原料原産地表示制度を運営するための表示基準案を示した。基準案は昨年11月の「加工食品の原料原産地表示制度に関する検討会」の中間取りまとめを踏襲し、「又は」を認める例外表示などのルールを明記。部会では食品産業センター、日本チェーンストア協会、日本生活協同組合連合会などの委員から異論、懸念が示されたが、消費者庁は例外表示を認めた表示方法に固執した。消費者庁は各地で説明会を開き、4月25日までパブリ・・・
[全文は電子版会員登録を]