日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

フード連合17年春闘速報 賃上げ2%以上を維持 キャッチアップに向け前進

その他 ニュース 2017.04.21 11515号 02面


 日本食品関連産業労働組合総連合会(フード連合)が13日までにまとめた食品製造業の2017年春季闘争の結果の速報では、労働者数を乗じた加重平均の賃上げ率は2.39%となり、2%以上を維持した。フード連合が訴えている電機など他の製造業の賃金に追いつくことを目指すキャッチアップに向けて半歩前進した結果となった。

 製造業別でみた食品産業の賃金は23業種のうち22位と低い水準。フード連合は17年の春闘を「キャッチアップ」と位置付け、食品産関連産業における「働き方、処遇のあり方」を見直・・・
[全文は電子版会員登録を]