日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

GAP、まずは教育 JA全中・奥野会長「必要認識している」

その他 ニュース 2017.05.15 11524号 01面

奥野長衛会長
奥野長衛会長

 全国農業協同組合中央会(JA全中)の奥野長衛会長は11日、定例の記者会見で適正農業規範(GAP)について、「必要性を認識している」として「各農協や生産部会へ教育が必要」と考えを示した。自民党・農林水産業骨太方針実行プロジェクトチーム(PT)が9日まとめたGAPの普及のスケジュールについて否定せず、日本のGAP(JGAP)が国際的に評価される必要があるなど課題も指摘した。

 奥野会長は大手小売業がグローバルGAPの認証を受けた農場の産品を調達する方針を明らかにするなど、国内農業・・・
[全文は電子版会員登録を]