日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

広がる廃棄削減・物流効率化 味の素社、賞味期限を年月表示に

その他 ニュース 2017.07.10 11556号 01面

 食品界の食品廃棄削減と物流効率化の取組みが店舗や倉庫での管理対象商品のロット数の減少、保管スペースの極小化など運用の簡素化の分野で広がりそうだ。食品メーカー大手の味の素社は、賞味期間が1年以上の調味料、加工食品、甘味料の家庭用製品について、賞味期限表示を「年月日」から「年月」へ変更する対象品目を8月から73品目へ拡大するとともに賞味期間も延長する。今後は同家庭用製品の残り約90品目も順次変更を進め、19年度をめどとして、同家庭用製品すべての賞味期限の年月表示・期間延長の移行・・・
[全文は電子版会員登録を]