日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

味の素社「うちのみそ汁」応援プロジェクト 睡眠の質改善に着目 医師考案レシピを公開

調味 ニュース 2019.03.15 11849号 07面

「ツナじゃがほうれん草のみそ汁」は「温かく、満腹感を与えてくれる」(河埜氏)
「ツナじゃがほうれん草のみそ汁」は「温かく、満腹感を与えてくれる」(河埜氏)

 味の素社が取り組む「うちのみそ汁」応援プロジェクトが11日公開した「おやすみそ汁」レシピは、健康を支える睡眠の質の改善に着目したものだ。料理家でもある人間ドック認定医・麻酔科認定医の河埜玲子医師が考案した。日本睡眠学会認定医でもある白濱龍太郎医学博士は「睡眠の質は、日々の食事でタイミングや食材の組み合わせを気にかけるだけでも改善できる」としている。

 11日公開した「おやすみそ汁」レシピは、朝の「豚ごぼうの豆乳みそ汁」と夜の「ツナじゃがほうれん草のみそ汁」の2品。いずれも、睡・・・
[全文は電子版会員登録を]