日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

ヤグチ、「秋季見本市」開催 初の平日開催に3500人超

卸・商社 展示会 2017.12.04 11628号 10面

外食産業の人手不足対策のため「手間軽減」をテーマに商品・メニューを提案
外食産業の人手不足対策のため「手間軽減」をテーマに商品・メニューを提案

栗栖信也社長
栗栖信也社長

 ヤグチ主催、マルヤ会共催の「第103回豊かな実りあるマルヤ会 2018ヤグチ秋季見本市 豊かな品揃えと専門力」が15日、東京・池袋サンシャインシティ文化会館展示ホールDで開催された。初の平日開催の見本市では、マルヤ会会員の得意先である外食産業ユーザーも数多く来場し、3500人を超える来場者があった。また、出展企業は約300社。

 栗栖信也社長は、「消費マインドが盛り上がらない。また、外食産業は人手不足が深刻で出店できない、営業時間を短縮しなければならないといった事態が起きてい・・・
[全文は電子版会員登録を]