日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

富士ミネラルウォーター社、業態別に深耕策 加々美専務、営業強化で陣頭指揮

飲料 ニュース 2018.01.12 11644号 03面

加々美晶専務
加々美晶専務

 日本のミネラルウオーターのパイオニア企業、富士ミネラルウォーター社は、営業強化のため組織の見直しを図っている。営業の陣頭指揮を執るのは17年11月1日付で専務執行役員営業本部長に就任した加々美晶氏。

 同社は「非常用保存水」「一般水」「炭酸水」が商品の3本柱。これらの商品を、営業マンは全業態・全方位で営業をしていたが、18年からは「業務用(飲食店向け)」「市販用(量販向け)」「非常用(行政・施設など向け)」と業態別に深耕を進めていく計画。

 「富士ミネラルウォーター」は、16年・・・
[全文は電子版会員登録を]