日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

東亜商事、展示商談会開催 生鮮戦略を推進 波及効果も徐々に

卸・商社 展示会 2018.07.06 11726号 03面

「生鮮戦略」コーナーでは一括物流に対応するための生鮮、日配品などを提案
「生鮮戦略」コーナーでは一括物流に対応するための生鮮、日配品などを提案

畜肉と調味料メーカーとのコラボで外食で人気の高い肉料理を紹介
畜肉と調味料メーカーとのコラボで外食で人気の高い肉料理を紹介

 東亜商事は6月27日、東京都文京区の東京ドームシティプリズムホールで食品事業部主催の「2018グローバル東亜 業務用食品成長戦略展示商談会」を開催した。出展企業は150社、販売店および外食ユーザーら約3500人が来場した。

 同展示商談会では昨年に引き続き「生鮮戦略」を基軸に「人手不足対応」「インバウンド」「コストパフォーマンス」などさまざまな切り口で提案を行った。

 「生鮮戦略」は、チルドの日配品、野菜、鶏卵など一括物流に対応し、販売店の外食ユーザーへの深耕策による売上げ拡大・・・
[全文は電子版会員登録を]