日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

首都圏業務用食品卸協同組合、総会開催 働き方改革推進

卸・商社 総会 2018.07.27 11736号 04面

白石俊彦理事長
白石俊彦理事長

 首都圏業務用食品卸協同組合は18日、東京都文京区の東京ガーデンパレスで第34回通常総会を開催し、全議題が議案通り承認された。

 総会後の懇親会で白石俊彦理事長(イセヤ社長)は「深刻な人手不足がどこに行っても聞かされる。運賃の値上げ、集荷時間、ロットの見直し、発注時間の前倒しなど、物流の人手不足が流通に多くの影響を与えている。業務用食品卸は流通業といってもほとんどが物流業を兼ねている。お客さまに理解をいただきながら対応していかなければならない。また、人手不足だけでなく、働き方改・・・
[全文は電子版会員登録を]