日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

高岡JF会長語る 受動喫煙防止、早急に明確な基準を 東京2020のインバウンドなど

外食 ニュース 2018.09.19 11765号 14面

高岡慎一郎会長
高岡慎一郎会長

 【関東】日本フードサービス協会(JF)は6日、都内でマスコミ懇談会を開催。高岡慎一郎会長(人形町今半社長)は「外食産業の課題と取り組み」としてJFの活動状況などを説明した。7月に成立し、さらに国よりも厳格な基準の東京都条例が成立した「受動喫煙防止」対策、東京オリンピック・パラリンピック開催で盛り上がりが期待される「インバウンド」への対応、厳しくなる「人手不足」についての対応について見解を述べた。(金原基道)

 ●「おもてなし」も重要に

 受動喫煙防止対策については「法律で決まっ・・・
[全文は電子版会員登録を]