日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

日本能率協会、3月に幕張で食品安全シンポジウム

その他 セミナー・催し物 2019.02.06 11832号 08面

 日本能率協会(JMA)は3月7、8の両日、千葉・幕張メッセ国際会議場で「第15回食品安全シンポジウム」を開催する。

 「食品工場における新技術の活用と可能性」「異物混入・異臭対策」「食品安全の法規・規格の動向」「JFS-C規格/FSSC22000認証取得事例」--など四つのセッションを設け、各セッションで2~3件の発表を行う。発表後には、コーディネーターの進行で質疑応答も受け付ける。

 対象は食品製造、フードサービス、食品流通・小売、包装材料、食品機械など食品関連企業の経営幹部・・・
[全文は電子版会員登録を]