日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

新進の大根おろし 「おろすのが面倒」時短ニーズに応え “売場の壁”越えクロスMD提案

農産加工 ニュース 2017.08.21 11577号 02面

北崎明取締役商品副本部長兼食品部長
北崎明取締役商品副本部長兼食品部長

 新進が15年8月にリニューアル発売した「手間いらず大根おろし(120g)」が、秋冬の本格的な需要期を前に急伸している。16年9月には焼き魚や鍋など秋冬のクロスMDが奏功し前年比170%増という実績もある。春夏は量販店が日配の麺や豆腐と「涼味」の企画で提案、定番率が上がった。“売場の壁”を取り払って季節ごとに売場を変えて陳列し、すき間商品として通年販売する店もある。「大根をおろすのが面倒」という高齢者や時短ニーズを受け、リフト値の高いサンマ、シラス、ゆでそば、牛肉、惣菜などの・・・
[全文は電子版会員登録を]