日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

信越つけもの懇談会開く 八海醸造を見学 後継者などでディスカッションも

農産加工 セミナー・催し物 2018.07.13 11731号 04面

外国人実習生、後継者問題などを討議した
外国人実習生、後継者問題などを討議した

中俣善也魚沼新潟物産社長
中俣善也魚沼新潟物産社長

 新潟県漬物工業協同組合と長野県漬物協同組合は3、4日、「第20回信越つけもの懇談会」を開催した。今回は新潟がホスト県で、八海醸造の施設見学と講演会を行った。その後、南魚沼市「温泉御宿龍言」に会場を移し、外国人技能実習生の受け入れ状況や各社と契約農家の後継者問題などについてグループディスカッションを行った。

 新潟の地酒「八海山」は、八海醸造株式会社が製造、株式会社八海山が卸、有限会社魚沼新潟物産が物販、「魚沼の里」と「千年こうじや」の運営を行っている。

 講演会では魚沼新潟物産・・・
[全文は電子版会員登録を]