日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

海外日本食 成功の分水嶺(28)日本食材製造「バンコク・インター・フード」<下>

その他 連載 2017.05.10 11522号 02面

日本食材を製造販売するバンコク・インター・フードの工場 =タイ中部ナコーンパトゥム県で。小堀が4月24日写す
日本食材を製造販売するバンコク・インター・フードの工場 =タイ中部ナコーンパトゥム県で。小堀が4月24日写す

 ●給食向けなど新たな市場開拓を

 バンコク西郊ナコーンパトゥム県の静かな田園地帯にある食品メーカーのタイ企業「バンコク・インター・フード」(BIF)。2004年に日本食材の製造販売をスタートさせてから、事業は大きく成長を続けた。ゼネラル・マネージャー(GM)の藤岡学さんによると、「初めの5年間は毎年売上げが倍増。急激な勢いで増えていきました」という。

 ところが突如、転機が訪れる。11年、タイ中部を襲った大洪水だった。50年に一度とされた濁流は、この地にあった食品メーカーの工場・・・
[全文は電子版会員登録を]