日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

海外日本食 成功の分水嶺(33)日本食レストラン「ZEN」<上> タイで進化する日本料理

外食 連載 2017.08.09 11572号 03面

タイで人気の日本食チェーン「ZENレストラン」のエグゼクティブ・シェフ松岡玄明さん=バンコク・バンナー店で小堀晋一が7月12日写す
タイで人気の日本食チェーン「ZENレストラン」のエグゼクティブ・シェフ松岡玄明さん=バンコク・バンナー店で小堀晋一が7月12日写す

 サーモンなどの刺し身や寿司を中心に日本料理を提供する「ZENレストラン」は、タイ屈指の大財閥セントラルグループの関連企業。セントラルプラザなどの大型商業施設に入居し、タイ全土でその数は42店を数える(7月末現在)。これまでは、日本やバンコクの日本食料理店で修行したタイ人シェフが総料理長(エグゼクティブ・シェフ)を務めてきたが、3年前に日本人料理人が初めて外部から招聘(しょうへい)され、全店を指揮統括するようになった。

 現在ここでエグゼクティブ・シェフを務めるのは、名古屋市出・・・
[全文は電子版会員登録を]