日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

海外日本食 成功の分水嶺(47)尾道ラーメン「百万石」<上> こだわりのローカル市場進出

外食 連載 2018.03.07 11670号 03面

尾道ラーメン「百万石」オーナー檀上智和さん(右)と店の切り盛りを手伝う菊政佳美さん=タイ・バンコクで小堀晋一が2月21日写す
尾道ラーメン「百万石」オーナー檀上智和さん(右)と店の切り盛りを手伝う菊政佳美さん=タイ・バンコクで小堀晋一が2月21日写す

 豚骨鶏がらの本格スープに仕上げは魚類系。ストレートタイプの細麺に、刻んだ細ネギと絶品の自家製チャーシュー。さらに味付けメンマが乗っかって、〆(しめ)て90バーツ(約300円)。付加価値税の7%を合わせても100バーツもしない本格ラーメンが、タイのローカル市場にお目見えした。同種・同水準のラーメンとしては脅威の低価格。タイ人客も列を作って「うまい、うまい」と舌鼓を打つ。日本食ブームが続くタイで、市場の新たな開拓者となれるか。

 広島発祥の醤油ベースラーメン「尾道ラーメン」。その・・・
[全文は電子版会員登録を]