日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

海外日本食 成功の分水嶺(55)熟成醤油そば和久<上> 柔軟性への挑戦が大切

外食 連載 2018.07.09 11727号 04面

玉ネギを使った黒いラーメンで顧客をつかんだ「和久」の和久田徹さん=タイ・バンコクで小堀晋一が6月21日写す
玉ネギを使った黒いラーメンで顧客をつかんだ「和久」の和久田徹さん=タイ・バンコクで小堀晋一が6月21日写す

 有名チェーン店から個性的な個人店まで、多くの日本のラーメン店がひしめく東南アジア、タイの首都バンコク。7万人が暮らす日本人の客だけではない。猫舌が多く、少し前まで熱いスープを敬遠していたタイ人客までもが、個性的なラーメン、手の加えられたラーメンを求めて連日列をなす。明らかに市場に変化が起こっている。

 そんな中で一風変わったラーメン店が人気を集めている。クリア感とは対をなす、真っ黒な色合いの醤油スープ。それでいて飲み干すことができるほどあっさりと、タイにはこれまでなかった味だ・・・
[全文は電子版会員登録を]