日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

スプリングバレーブルワリー京都、地元原料ビール「初摘みホップ」飲んで被災地応援

酒類 ニュース 2018.08.10 11744号 05面

レシピ考案からホップの収穫、醸造まで担当した醸造家の北林剛氏
レシピ考案からホップの収穫、醸造まで担当した醸造家の北林剛氏

 キリングループのクラフトビール会社スプリングバレーブルワリー(SVB)は、SVB京都で限定販売中の「京の初摘みホップ」の売上げの一部を西日本豪雨の災害義援金として寄付している。「被害を受けた京都府与謝野町をお客さまとともに“飲んで応援”する」(同社)考えだ。金額は1杯当たり50円。

 SVB京都は昨年9月のオープン以来、地元京都産の原料にこだわったビール造りを続けてきた。「京の初摘みホップ」は与謝野町産の初摘みホップを100%使ったエールタイプの商品。SVB京都のブリュワー(・・・
[全文は電子版会員登録を]