日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

伊藤忠食品、第3四半期は1.8%増収に 物流費増え減益

卸・商社 決算 2019.02.06 11832号 03面

 伊藤忠食品の19年3月期第3四半期決算は、組織小売業との取引拡大などで売上高が前年比1.8%増の5278億8700万円と増収だった。これによって売上総利益額が増えたが、物流費の高騰などで営業利益は4.2%減の39億0800万円、経常利益は2%減の46億6300万円と減益を強いられた。

 四半期純利益は取引先との経費負担に関する一時的な調整金を特別利益に計上したことなどによって17%減の31億8800万円となった。

 商品別の売上高は嗜好(しこう)・飲料が1085億6000万円(・・・
[全文は電子版会員登録を]