日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

スプリングバレーブルワリー、東北7ブルワリーと「春霞IPA」提供

酒類 ニュース 2019.03.13 11848号 07面

SVB東京にプロジェクト参加ブルワリーが集結
SVB東京にプロジェクト参加ブルワリーが集結

3種のホップで造り分けているが、味わいは8種ともに異なる
3種のホップで造り分けているが、味わいは8種ともに異なる

 キリングループのクラフトビール会社スプリングバレーブルワリー(SVB)は、東北のブルワリー7社と造った「春霞IPA」の提供を数量限定でスタートした。同社も参加する「東北魂ビールプロジェクト」の11回目となるコラボレーションで、SVB東京で3月末まで各社のビールを順次発売する。1杯当たり10円を東北の復興支援に寄付する。

 「春霞IPA」は、同一の製法と酵母を採用しながらも、グループごとに3種別のホップを使って醸造した。仕込み水などが違うため、結果的に8種それぞれに微妙に異なる・・・
[全文は電子版会員登録を]