日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

スターゼン、豚もも除骨ロボット国内2台目 人手不足改善に向け導入

乳肉・油脂 ニュース 2018.02.21 11664号 02面

 スターゼンは、人口減少や地方の過疎化による人手不足の対策として、昨年1月に国内初となる豚もも部位自動除骨ロボット「ハムダス」を子会社のスターゼンミートプロセッサー青森工場三沢ポークセンターに導入した。1年間の稼働を経て、除骨処理スピードの向上、人員削減効果、従業員の業務負担軽減、衛生面での改善などが確認できたため、今年1月に国内2台目となるハムダスの導入を同子会社の阿久根工場に導入した。

 ハムダスの特徴は、(1)X線で骨位置を正確に検知し、骨と肉の間の最適な位置にナイフで筋・・・
[全文は電子版会員登録を]