日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

技あり味なカンパニー:慶商 焼肉店助っ人企業へ

卸・商社 インタビュー 2018.04.13 11688号 01面

左から金慶哲社長、ソムリエの金子秀美氏、金南哲取締役
左から金慶哲社長、ソムリエの金子秀美氏、金南哲取締役

 東京都府中市にある慶商は、水煮ゼンマイ・ワラビ、唐辛子、ニンニク、冷麺、酒類など、主に焼肉店・韓国料理店向けに食材を提供する食品輸入商社。全国におよそ2万店ある焼肉店の中で、誰もが知る有名店などと取引がある。金慶哲社長が知人の会社の食品部門を継承し、2015年に設立。長男の慶哲氏と二男の常哲氏、三男の南哲氏の3兄弟で事業を展開している。

 ビビンバやナムルなど、焼肉店には欠かせないメニューに使用されるゼンマイは、昔は乾燥したものを店舗で戻して使っていたが、現在は中国で加工され・・・
[全文は電子版会員登録を]