日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

2019新春の抱負:カナダビーフ国際機構エグゼクティブ・ディレクター代理 グレッグ・ジョカス氏

乳肉・油脂 インタビュー 2019.01.11 11818号 04面


 ●TPP11で転換期へ

 昨年はカナダ産牛肉の対日輸出拡大を背景に、カナダ産牛肉を訴求するため「カナダビーフセミナー」「インストアプロモーション」「プレミアムBBQイベント」などのプロモーションを日本全国で多数開催しました。日本の消費者のカナダ産牛肉や仔牛への認知度が高まっていることを、われわれは喜びとともに受け止めています。

 カナダは広大な大地と素晴らしい自然に恵まれた国として日本ではよく知られています。そんなカナダは、高品質で栄養価が高く、価格競争力のある牛肉生産のための・・・
[全文は電子版会員登録を]