日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

雑穀輸入協議会、「世界マメの日」制定記念でレセプション

農産加工 セミナー・催し物 2019.02.20 11838号 04面

山名律子理事長
山名律子理事長

いろいろな豆を使った全17種類の料理やスイーツが登場
いろいろな豆を使った全17種類の料理やスイーツが登場

 雑穀輸入協議会は8日、「世界マメの日」制定記念レセプションを、東京・浜松町東京會舘ゴールドルームで開催した。FAO駐日連絡事務所、関連業界団体などから約60人が参加した。昨年末の国連総会で2月10日を「世界マメの日」とすることが決定。2016年の「国際マメ年」制定に引き続き、豆類の消費拡大の有力なツールとなることが期待されている。レセプションでは、今後の豆類の消費拡大に記念日をどう活用していくべきかなど、活発な意見交換が行われた。

 山名律子理事長は「協議会はこれまで、『国際・・・
[全文は電子版会員登録を]