日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

イタリア食品、多様性など高い人気 日本市場で増大傾向 FOODEXに出展

その他 展示会 2017.03.17 11499号 02面

ミケーレ・スカンナヴィーニ会長
ミケーレ・スカンナヴィーニ会長

 イタリア大使館貿易促進部は7日開幕したFOODEX JAPAN2017会場で展示内容の紹介を行った。今回出展したイタリア展示小間(イタリア館)は総面積1500平方mを超える海外ゾーン最大規模で、イタリア全土15州から171社が参加した。

 イタリア貿易促進機構のミケーレ・スカンナヴィーニ会長は、イタリアにとって食料品とワインは最も重要な貿易分野と述べ、16年の統計では前年比4%増の300億ユーロを輸出。日本市場は世界全体で第10位に当たり、EUを除くと米国に次ぐ重要マーケット・・・
[全文は電子版会員登録を]