日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

日本EU EPA発効前に… メリット多いGI認証 関東農政局、地理的表示保護制度セミナー開催

その他 セミナー・催し物 2018.12.26 11812号 04面

 関東農政局は14日、地理的表示(GI)保護制度セミナーを開催した。EU駐日代表部のシルヴィア・チェルスカ氏がEUの保護制度について、国内の現場については、宮城県漁業協同組合の山下貴司氏と三島函南農業協同組合の外岡賢大氏が紹介した。

 米国のトランプ政権が押し進める保護主義政策にストップをかけようと、日・EUEPA(経済連携協定)が19年2月に発効する。発効後は双方9割を超える貿易品目の関税を撤廃し、欧州産チーズやワインなど、割安な輸入品が手に入るようになる。

 関税の軽減ばかり・・・
[全文は電子版会員登録を]