日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

カルビー、市場拡大など推進 賞味期限表記変更検討

菓子 ニュース 2018.05.16 11700号 02面

伊藤秀二社長
伊藤秀二社長

 カルビーの伊藤秀二社長は、11日の決算会見で今後の成長に向けた課題と取組みを説明した。海外事業ならびにフルグラ事業を成長エンジンと位置付け、新製品の開発ではジャガイモ原料の調達拡大を前提に、需要創造や中食市場への進出を図る。業務合理化の一環で、賞味期限表記は年月日の記載から月・旬表示への移行を検討する。(宮川耕平)

 17年度の海外売上げは338億円(前年比16.6%増)で、構成比は13.4%に上昇したものの、北米の不振が響き14億円の営業赤字となった。今期は中国向けフルグラ・・・
[全文は電子版会員登録を]