日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

イオン、ウナギ調達に独自基準 23年までに100%トレース体制

小売 ニュース 2018.07.11 11729号 04面

伝統と革新をテーマにウナギをはじめ各種かば焼きを提案
伝統と革新をテーマにウナギをはじめ各種かば焼きを提案

 イオンは、持続可能な水産資源の調達に関する新たな取組みとして、2023年までに調達するウナギ全量のトレーサビリティー構築を目指す。すでにヨーロッパ種の取り扱いをやめ、トレースが困難なことからアメリカ種の販売も中止、今後はニホンウナギとインドネシアウナギに絞りシラス(稚魚)の漁獲段階からトレーサビリティー確立に取り組む。

 イオンリテールのウナギ販売数量は、ピークの01年に比べ10分の1に減少している。流通量の減少に加え、養殖段階のトレーサビリティーを重視して政策的に調達先を絞・・・
[全文は電子版会員登録を]