日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

ヤオコー、糖質オフの寿司実験 青果・精肉の素材を活用

小売 ニュース 2018.10.17 11779号 16面

浅漬け野菜と魚介を組み合わせた握り寿司
浅漬け野菜と魚介を組み合わせた握り寿司

 ヤオコーは9月27日、イトーヨーカ堂が撤退した商業施設「ニューコースト新浦安」(千葉県浦安市)の1階に新浦安店を開設した。健康配慮をコンセプトとする寿司の新カテゴリー「未来のカタチ」を導入、糖質をカットした握り寿司や丼を商品化した。

 シャリに十六穀米とコンニャクをブレンドすることで糖質を約25%カットした。既存の海鮮寿司とは異なり、野菜やローストビーフを使ったメニューが中心となっている。

 ローストビーフは精肉部門の商品を、アボカドは青果部門が調達したものを使う。これらを使用・・・
[全文は電子版会員登録を]