日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

カゴメ17年12月期連結決算 2年連続過去最高 18年は「中計」総仕上げ

飲料 決算 2018.02.09 11659号 04面

寺田直行社長
寺田直行社長

 カゴメの17年12月期連結決算は売上高、営業利益、経常利益、当期純利益とも、16年度に続き、過去最高となった。野菜飲料などの健康志向の多様化を先取りした事業活動や収益構造、働き方の改革が奏功している。特に「野菜生活100スムージー」は小腹満たしなどの新たな飲用ニーズを獲得し、売上げが拡大、「GREENS」とともにスムージー市場の伸長をけん引している。

 寺田直行社長は「今後は野菜飲料の収益の持続安定性や、飲料以外の収益源の多様化が課題になる。例えば、伸長する中食市場に対応する・・・
[全文は電子版会員登録を]