日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

キリンビバレッジ、麦の新価値提案 「麦文化創造」に挑戦

飲料 ニュース 2018.05.14 11699号 02面

菅谷恵子マーケティング部ブランドマネージャー(左)と高久直也部長
菅谷恵子マーケティング部ブランドマネージャー(左)と高久直也部長

 キリンビバレッジは、130年の長きにわたり“麦”と向き合ってきたキリングループの強みを生かし、麦の新たな価値を提案する。「麦をむく」という新発想で“麦の香り高く、あま香ばしい”新しい麦のお茶「キリン 麦茶」(5月15日発売)とスペイン・レバンテ地方の“麦のコーヒー”「アグア・デ・セバダ」にインスピレーションを得た「キリン 世界のkitchenから 麦のカフェ CEBADA(セバダ)」(7月24日発売)の2品を上市し、“麦文化の創造”に挑戦する。

 9日、ジンナンカフェ渋谷(東・・・
[全文は電子版会員登録を]