日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

味の素AGF事業方針(上)「スティック」に注力 「成長性の回復」テーマに売上げ1000億円台目指す

飲料 連載 2018.06.13 11714号 02面

品田英明社長
品田英明社長

 味の素AGFは、18年度事業方針として「成長性の回復」と「生産性の向上」を2大テーマと位置付ける。この「成長性の回復」を実現するため、同社の強みのスティックを中心としたパーソナル化の促進やパートナーとの協働による“アウトホーム市場(家庭外)取り組み強化”“eコマース”提案の強化など、積極的なマーケティング活動に取り組み、売上げ1000億円台への回帰を目指す。

 「成長性の回復」を実現するための最大のテーマとなるのが「ブレンディ」を中心とした“スティック2桁成長”の実現だ。ステ・・・
[全文は電子版会員登録を]